« プリキュア5 GoGoの映画 | トップページ | 納豆用薬味 »

流行に乗って読んでみた。

読み易くて面白かった、
大体予想通りのラストだったけど気持ち良くは無かった。
ちょっと昼ドラっていうか火サスっぽい
と思うが、そんな事言ったら
好きな人に怒られるのかなぁ?

突っ込みどころは満載だけど
そこも込みで楽しめば良い感じ。

命をかけた純愛って説明が書いてあったが
純愛と呼ぶにはちょっと・・・。
命掛けたというか掛けさせられたの赤の他人やん。

それにしても今なら
人一人殺害した場合の罰はどの位のモノだろうか?
状況からして自首した方が良かったんじゃないだろうか?
と、気になった。まぁそれを言ったら
話が始まらないんだけど。

しかし、
よく知らない人にココまでされたらむしろ嫌だなぁ。

でも堤真一さんと北村一輝さんが好きだから
実写はそのうち観ようかな・・・。

容疑者Xの献身 (文春文庫)Book容疑者Xの献身 (文春文庫)


著者:東野 圭吾

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« プリキュア5 GoGoの映画 | トップページ | 納豆用薬味 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1105783/25906710

この記事へのトラックバック一覧です: 流行に乗って読んでみた。:

« プリキュア5 GoGoの映画 | トップページ | 納豆用薬味 »